Aちゃんねる~ブログ出張所~

Wiiリモコンで直感的操作など大嘘

 相も変わらずWii本体やWiiスポーツの売り上げだけを盾にする馬鹿の一つ覚えで
新作が無視されサッパリ売れない現実を際立たせている愚かなWii擁護派だが、
彼らを取り巻く環境は日々悪化している。
それもそのはず、Wii本体、そしてWiiスポーツが売れれば売れるほど
Wiiの売りだったはずの直感的な操作が噓だとバレ続けているのだから。

 もし、Wiiリモコンで直感的な操作が実現していればゲームに変化をもたらしただろう。
しかし、任天堂は品質を下げ、消費者の満足ではなく目先の利益を選択した。
そして、俺がWiiならではのソフトだと思っていた縁日は糞ゲーの評価を与えられた。
当然である。
本来達成されると思われたリモコンの精度に全然足りていないまがいものリモコンでは
縁日の企画自体が成立しないのだから、ナムコはもはや被害者の領域である。

 Wiiリモコンは本来もっと高性能なものであったはずだ。
先日のHEYHEYHEYで浜崎あゆみがワリオをプレイしたとき
リモコンが反応せずもどかしくしていた場面が記憶に新しいが、
プレイヤーの操作にしばしば無反応な入力装置のどこが直感的といえるのだろうか。
従来のコントローラであれば、Aボタンを押せば確実にそこにあてがわれた反応をする。
それはゲームがゲームとして成立するための大前提であり、
反応したりしなかったりではゲームが成立しないことは皆さんも理解できるはずだ。
この最低水準さえ満たせないのがWiiリモコンであり、
プレイヤーは常に操作が認識されるか意識させられることになる。
直感的どころか、常にWiiリモコンの低い認識精度を意識しプレイするのでは
exciteの低レベルな翻訳サイトを利用し英文を読むようなものである。
まったく馬鹿馬鹿しいではないか。
Wiiの直感的操作は、認識精度が低すぎて話にならないレベルであり
直感的とはほど遠いまがいものである以上すでにWiiスポーツが限界なのは明らかだが
実はポインティングについてもこれまたお粗末なことになっているのだ。

 ポインティングとはリモコンをテレビの画面に向けるとその延長線上を指すものだが
Wiiリモコンの場合延長線上の位置がプレイヤーの予測と大きくずれ、
これまた直感的操作とはほど遠い、常にずれを意識した操作が要求される。
大画面テレビならば問題ないが、WiiはHD出力に対応していないのだから
およそ19~28型程度のテレビでの使用を想定しているはず。
しかし、このポインティングのずれは画面が小さくなるほど問題が大きくなるわけで
ちゃんと画面に向けているのに指す位置が画面内に収まらないという事態を招く。
なんとブザマ、そして利益のために精度を下げた任天堂が引き起こした不具合であり、
極めて責任の重い欠陥ともいえるものだ。
任天堂の消費者軽視の姿勢はとどまるところを知らない。
もはや常識となったことだが、下の画像で改めて再認識させられた。


e0046603_7544177.jpg

[PR]
by asukesama | 2007-03-19 07:34
<< デビルメイクライ4がマルチ展開に 一見メジャータイトル、だがしか... >>



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31