Aちゃんねる~ブログ出張所~

Wiiに国民栄誉賞の動き

 先月20日、性能不全のためサードのPS3/360マルチ展開から切り離され
生後たった数ヶ月で死去したブザマな腐れ企業任天堂製のゲーム機Wiiへ、
早くも国民栄誉賞を授与しようという動きが出てきた。
国民栄誉賞は総理府が管轄し、表向きは
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった」
人物を選んでいるが、今回その範囲を商品にも広げようというのだ。
菊花章、旭日章などの叙勲のような明確な基準はなく、
人選については時の総理大臣の胸三寸で決まる。

 そこで支持率急降下にあえぐ安倍政権が必死の人気回復策として、
CM大量投下による洗脳、イメージ商法のシンボルのWiiに目をつけたようだ。
1977年、福田内閣時代に創設された国民栄誉賞の受賞者はこれまで15人。
2000年10月にマラソンの高橋尚子が受賞して以来、受賞はなし。
しかも受賞者15人のうち、古賀政男、長谷川一夫、美空ひばりなど
9人は没後の受賞だった。

 「支持率低迷に悩む時の内閣の人気取りの道具ではないか」という批判もあるが、
苦戦を強いられる7月の参院選を控えて美しい日本の「イメージ政策」安倍首相が
「イメージ商法」で200万台売り逃げたWiiに授与するのはあり得る話だ。
「狙ったポイントからズレる」的外れな授与にならなければいいが。
[PR]
by asukesama | 2007-04-01 07:56
<< NiGHTS最新作がWiiで発売決定 任天堂の身勝手な分納 >>



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31