Aちゃんねる~ブログ出張所~

PS2/PS3で同タイトルを同日発売

 さて、PS3の発売から数ヶ月経ち新たな動きが出ているようだね。
コナミのプロ野球スピリッツ4、コーエーのウイニングポスト7のように
PS2版とPS3版を同時発売するソフトがチラホラ出てきているのだ。
これはハードの移行期である今、実に良い供給方法であると思う。
この方法で一番のポイントは「PS3ならPS2用ゲームが動かせるのに」ってとこ。
つまり、なにもPS3版を出さなくてもPS3ユーザーはPS2版をやれるのに
あえてPS3版を作りハイビジョンの高品質映像でゲームを楽しめる環境を用意している。
これ、とっても大切なことなんだよね。

 でだ、プロ野球スピリッツ4の気になる売り上げ比率は初日で2:3のPS2版優勢。
ま、ハードの普及台数がまったく違うし、
ハイビジョンを持っていなければPS3版のメリットが活かせないので
現段階ではまだPS3版が勝つまでに至らないのは仕方がないだろう。
が、ここで注目したいのはプロ野球スピリッツ4でこの結果が出たことだ。
プロ野球スピリッツ4のようにスポーツをテーマにしたゲームのユーザーは、
ウイニングイレブンがそうであるようにややライト寄りで、
実際の野球やサッカーが好きだからそのゲームを買うのである。
そんなユーザーが買うゲームですでに売り上げ比率が2:3まできているのは
俺にとっては正直予想外の数字であり、PS3への急速な移行を認識する結果となった。
ウイニングポスト7についてはデータがないので詳細は不明だが、
ユーザーの年齢層を考えるとやはりPS3版が健闘しているのではないだろうか。
今後もPS2/PS3で発売されるソフトの売り上げに注目し、
PS3への移行がどのように進行しているのかチェックしていきたい。

 で、いつも言っていることだが、データとは数字の大小だけを見るものではない。
分析する能力がなければデータをただ掲示板に貼り付けるだけの猿になることは
皆さんも2chを見ればおわかりだろう。
そういった連中が支持しているWiiでは、プロ野球スピリッツ4も
もちろんウイニングポスト7も発売されていないし、
日本ではさっぱり売れていないのに海外では売れているんだと必死に擁護され
そのくせ海外で売れているゲームが日本で出てもさっぱり売れない360でも、
やはりプロ野球スピリッツ4もウイニングポスト7も発売されていないのが現実だ。
まぁ、PS3独占予定タイトルが360とのマルチになったとはしゃぐアンチPS3どもは
いずれ日本の360版だけ発売されなくなるような惨めなことにならないよう
口だけではなくちゃんとソフトを買うようにしていただきたいですね。
ほんと、販売本数見ると全然存在感がないんですよね、そういう口だけユーザーは。爆笑
[PR]
by asukesama | 2007-04-05 10:06
<< Wii版やわらかあたま塾 NiGHTS最新作がWiiで発売決定 >>



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31