Aちゃんねる~ブログ出張所~

新作発表でさえも印象操作を行う卑劣な任天堂

 ここ数日、Wiiで発売予定のゲームが一気に増えた。
その中での大本命はNiGHTSでこれは俺もぜひ欲しいわけですが、
それ以外にはバイオハザードの名を冠した凡作と
ゼルダ同様Wiiリモコンに対応した程度の手抜き移植バイオ4。
あとはマリオとソニックが競演するオリンピックゲーも発表されましたが
今から数に入れるべきものでないことは明らかですね。

 で、もう一度発売予定表を確認してみるとあら不思議。
さっきまでNiGHTSやバイオの新作、そしてオリンピックマリオがあると思ったのに
気が付いてみれば近々出るのは5月末の手抜き移植バイオ4しか残っておらず、
残りは早くても年末にならないと出そうにない。
あらあら、結局ここ数日で発表された中でこれからすぐ遊べるのは
数年も前にGCで発売されたバイオ4をWiiコンに対応させたものだけなんですね。
まったく失礼な話だと思いませんか?

 今回のWiiの新作発表はまったくもって不愉快というほかないでしょう。
たしかにNiGHTS、マリオ、ソニック、バイオハザードのブランドは強力です。
いつもは冷静な俺もついWiiが始まったかのような錯覚に陥りました。
しかし、現実はただWii版バイオ4が出るだけであり、
先に発表されたPS3の6月あたりの新作に対してブランドをかぶせただけなんですよね。

 先日のブログでも書いたように、PS2とPS3で差別化を行っているソフトがあります。
プロ野球スピリッツ4やウイニングポスト7などはPS3版でグラフィックを強化しています。
が、GCからWiiに移行したソフトはまったく手を加えられていません。
ゼルダにしても、バイオ4にしても、グラフィックの違いはありません。
なんなんですかね、Wiiの存在価値って。
そして何より、他機種の新作発表にかぶせて発売が遥かに遅いブランドゲームをかぶせ
いかにもWiiでソフトが充実するかのように勘違いさせる任天堂の卑劣な手口は
もはや戦略とは言えずただの詐欺的な策略としかいえません。

 とりあえず、近々遊べるゲームを早く発表していただきたいのですが
まぁそんなものがあるはずもないから卑劣な手口に頼るしかないのでしょう。
あまりにもブザマな、そしてGCからのそのまんまな移植には哀れみさえ感じます。
Wiiユーザーの皆さんは本当にこんなもので満足しているのでしょうかね。ぷ
[PR]
by asukesama | 2007-04-06 10:54
<< ニンテンドーDSが売れ続ける理由 Wii版やわらかあたま塾 >>



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31