Aちゃんねる~ブログ出張所~

病的なWii擁護派への哀れみ

 最近、Wiiを擁護している人々の病的な発言に哀れみさえ感じるようになった。
売り上げをアピールしながらも、今年の新作が完全にコケている状況から逃げ、
ただひたすらWiiスポーツの売り上げだけを盾にしているのだ。
いったいいつまで昨年発売のWiiスポーツに逃げ続けるつもりだろうか。
せっかく獲得した新規層はすでにWiiで遊ぶのをやめているのではないか。
さっぱりソフトが売れない終わったハード、それがWiiだ。
今月発売のペーパーマリオはそれなりに売れるだろう。
他のWiiソフトとは別格の扱いでCMを投下するのは明らか。
しかし、それは他に買うべきものがないWii市場だからこその販促であって
その売り上げでいったい何が誇れるというのだろう。
発売済みのソフトもいまさら買う価値のないものばかりのWii。
完全に終わっているとしか言いようがない。

 思えばWiiはおかしなハードであった。
レボリューションと呼ばれていた頃は何かゲームに革命を起こすとささやかれていたのに
蓋を開けてみればただの操作デモと思われたWiiスポーツが目玉タイトル。
ゼルダはGC版と同じグラフィックでしょうもないWiiコン操作に対応しただけ。
これから出るバイオ4もWiiコン対応版でしかない。
何が革命か。
しかも、NDSからやわらかあたま塾を移植する恥知らずさ。
NDSで続編を出したほうがユーザーは喜ぶんじゃないかと思ってしまうわけだ。
いや、そのうちNDSでも出すんだろうが、とにかく酷い有様である。

 Wiiは失敗であった。
NDS同様、ゲームの進化どころか退化を招き、
ゲームに詳しくない人に対してゲームとはこの程度のものかという認識を与えた。
憤慨である。
自社の利益のためにゲームの価値を下げ、ゲームファンの地位を下げた任天堂。
もはや擁護などありえないのだ。
それにもかかわらず任天堂に夢を見るWii擁護派は、
もはやゲームを見ることができなくなった妄信者でしかない。
哀れなその姿もそのうち見かけることはなくなるだろう。
[PR]
by asukesama | 2007-04-08 06:35
<< Wiiはただダルいだけのくだら... ゲーム機をただの道具にした任天堂 >>



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30