Aちゃんねる~ブログ出張所~

<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゲーム!ゲーム!

 さて、ゲーおたの祭典も終わり次世代ハードも一通り語りつくされた今思うのは祭りの後の寂しさだ。
こういう気持ちになるのは俺が純日本人であり、叙情的文化を理解している大人だからであることは一片も疑う余地がない。
ただ、「あれ?祭りってまだ始まってないやん。これ前夜祭やん。」という気持ちがわいている。
今回のゲームショーは「次世代マシンによる新しいゲーム体験=祭り」が凄いとアピールする前夜祭に違いないのだが、なぜかすでにローンチタイトルを消費してしまった感がある。
冷静になって考えてみると、リッジ6にしてもDOA4にしてもすでに存在するゲームの解像度アップ版でしかない。
それが俺のテンションを下げている原因じゃなかろうかと。

新ハードを買いました。
箱を開け、ハードを取り出しゲームを起動する。
ハイビジョンテレビに映し出されるハイクオリティな映像に興奮しながらプレイを開始・・・
15分後には軽い後悔・・・「今までのと同じやん」

5万円出してこんな思いはしたくないが、きっとしてしまうのだろう。
リッジ6とDOA4だけではない。Xbox360を楽しむためには他のタイトルも買う必要がありそうだ。
[PR]
by asukesama | 2005-09-19 17:06

ゲームが技術デモの道具に?

 今回のゲームショーで印象的だったのはPS3陣営のアピールの仕方だ。
MGS4は「これだけ映像がリアルになりました。凄いんです」とアピールしているのだが、その映像を見ても別段凄いとは思わない。
たしかに従来のハードではそこまでリアルにできなかっただろう。だがそれが?

ゲームとは何か。

遊んで楽しくなければゲームではない。
何年後に出るかわからないような開発初期段階のものを持ってきて凄さをアピールされても一体どう反応すればいいんだろう。
説明しなければ伝わらない凄さ。そんなものは凄くないんじゃなかろうか。
俺はXbox360、PS3のメリットは解像度の高さにあると思う。
とにかく高画質で緻密な表示が出来る。それでいい。

リッジ6やDOA4は従来のハードと比べ大きな進化は感じないが、解像度が上がりワイド画面に対応している。
16:9の画面でのゲームプレイは臨場感の向上に非常に効果がある。俺はさっさと移行し、すぐ楽しめる高性能を満喫しようと思う。
[PR]
by asukesama | 2005-09-18 16:19

ゲームショー2005総括

 今年のゲームショーは新ハードの発売前なので注目度が高かった。
そんなゲームショーをちょっくらまとめてみよう。
なお、ここでの情報はすべてインターネットで仕入れたものだ。

 さて、なんだかんだでようやく詳細が明らかになった新ハードXbox360。
発売は12/10で価格は税込み39,750円。
ハードディスク、D端子ケーブルが付属するのだからこれはなんとも割安な価格設定じゃなかろうか。
家庭用ゲーム機は発売当初は赤字販売が当然なんだが、この価格設定は売れても20万台まではいかないマニア向けハードだからこそできること。
PS3は即座に100万台売れてしまうのでこういう価格設定はできない。ハードディスク無しで同程度の価格になると予想される。

Xbox360のソフトについて。
まずリッジ6。
ネットで動画も転がっているが、PSPで発売されたリッジレーサーズのパワーアップ移植かと思える内容だ。
いろんな部分でソックリで、やや肩透かしではあった。
もちろんつまらないわけじゃないし、ニトロは悪くない。
が、ナンバリングリッジレーサーとしての変革を多少なりとも期待していたので驚けなかったのも事実。
背景の綺麗さ、描画範囲の広さ、奥行き感はハイビジョン、ワイド画面でのプレイがもつ可能性の高さを感じさせているので完成版を待ちたいところだ。

次にDOA4。
これはネットに転がっている粗い映像では判断できない。
が、リッジ6同様にあまり変わり映えがしなかった。
もちろんDOAUから4に移れば元に戻れなくなるのはわかっているが、やはり新しい魅力がもっと欲しい。
続報を待ちたい。

そのほかにも数々のタイトルが出展されたが、特に俺の琴線にふれたものはなかった。
Xbox360はDOA4とリッジ6で当面引っ張っていく、そんな印象を受けた。


さて、Xbox360の次はPS3。発売まで半年のPS3は・・・。

今回発売日、価格については明言されず、ソフトも映像出展ばかりだったようでこれと言って語ることはない。
ネットではバイオ5やメタルギアソリッド4の映像が凄かったと評判だが、俺に言わせればそんなものはまやかしである。
開発途中の未完成版を遊べる状態で出展しているXbox360陣営に対し、ただクオリティが高いだけのデモを持ってきて凄いだろうと言われても子供だましにもならない。
デモが凄い=PS3は凄い?
今のゲームファンのレベルはそんなに低くはない。
いや、低い奴も多いのだが、大概は「製品版はここまで凄くはないんでしょ?」
「凄いけど、発売は何年後なの?」
わりと冷静な反応をしただろう。

現時点で映像クオリティの高さをアピールすればゲーム内容を問わず新鮮に映る。
が、製品版が出たときにその思いを裏切らない保証はない。
むしろバイオハザード5、メタルギアソリッド4という大作に映像のインパクトを付加してアピールする手法には大作中心主義のPS3の危険性を大いに感じる。


今回のゲームショーは、年末の発売に向け一気に現実味を帯びてきたXbox360とまだまだ準備段階のPS3の対比が印象的であった。
任天堂のレボについてはおもしろそうなコントローラが公開された。秋に続報があるようなのでそのときにでも語ろうと思う。
[PR]
by asukesama | 2005-09-18 06:01



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30