Aちゃんねる~ブログ出張所~

<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スキンをいじってみた

 まぁなんつーの?
結局おまえらこういうのが好きなんだろ?みたいな。

しばらくこれでいきますよぉ。
[PR]
by asukesama | 2006-01-28 14:43

新型ニンテンドーDS発表

 新型が発表された。
うん、いいねこれ。いいと思うよ。買います。
年末年始に売れに売れて落ち着いた頃に新型発表。春の新生活を前に発売か。さすが。
価格も税込みで16,800円。さりげない上質感の演出。
でも色は白だけでカラーバリエーションは今後の展開に期待ってことでしょうかぁ。さすが・・・
旧型も販売継続ってことだからそのうち12,800円になるかな。

これを受けてPSPも新たな展開を期待したいがソフトがないからねぇ。
携帯機戦争は年末年始で完全に決着がついたし難しいだろう。
PS3は春の予定だが当分出せないようだし、ソニコンはPS2の値下げしか打つ手がないんだよねぇ。
俺はPS2の値下げ価格を16,800円と予想。
14,800円じゃないと安く感じない? 買い替え需要に安さは関係ない。
それに、そこまで下げる理由もないと思うんだよね。
[PR]
by asukesama | 2006-01-27 03:28

ゴッサム3の凄まじい完成度に驚愕

 ゴッサム3が凄い。
凄すぎて何から説明していいかわからんが、とりあえず従来の評価軸で見ると全てが凄い。
リッジ6やDOA4は言ってみれば「360で作ったらこうなりました」程度だったがこれは360でしかできないもの。
さらに国産車をほぼカットしているので最初からハイパワー車を選択でき、数レースでフェラーリにも乗れる。
憧れのスーパーカーが網羅され、さらにドライバーズ視点はフロントガラスの曇りまで再現され実車に乗っているかのような気になる。
ガレージでは自由に動き回り愛車をなめるように眺めることも可能。至れり尽くせりだ。
スーパーカー好きはこのゲームのために360を買え。
俺はゴッサム3について資料的価値があると以前から明言していたがまさにそのとおりの内容で大満足、いや感動さえした。

360は市場的にハード普及台数10万台で春まで眠ることになるだろうが、リッジ6、DOA4、ゴッサム3の三本で完全に元を取れると断言する。
素晴らしい。360を買ってよかった。
2006年の最優秀ゲームはゴッサム3で決定。異論は許さん。
[PR]
by asukesama | 2006-01-13 08:11

Xbox360ユーザーは超勝ち組理論

 360は売れてない?
それがなにか? 俺には一切関係ないことなんですけどー。

PS3のほうが性能いい?
そうかもね。そしたら俺もPS3買うよ。で、いつ出るの?

糞おたくどもの喧騒をよそにハイビジョン画質でゲームを楽しめるのは360ユーザーのみ。
外野の声など気に留めずのハイデフ体験は特権階級の証。揺るぎ無き超勝ち組理論。
[PR]
by asukesama | 2006-01-09 12:04

DOA4が売れてる感じ

 まだ数字はあがってきてないがDOA4が好調のようだ。
感触では5万本程度だろう。
これからゴッサム3が発売されこれも5万本の売り上げが予想される。
この状況を継続できるかどうかだが・・・難しいよね。

3月頃にはPS3が大々的に発表されるだろうからその頃には360陣営も何か目玉になるタイトルを発表して欲しいし、
坂口氏のゲームのより具体的な内容を公開し対抗してもらいたいところだ。
[PR]
by asukesama | 2006-01-03 07:24

2005年の総括と2006年の動向を語る

 あけましておめでとう。
このブログも大絶賛のうちに無事年を越し、今年は飛躍の年になることが火を見るより明らかな反面
ゲーム市場はどうなっていくのか一ゲームファンとして心配なところだ。

昨年はXbox360が発売され、俺などはリッジレーサー6とDOA4の美麗な映像に大満足。
NDSではマリオカートの楽しさが光り、もっと脳トレのシンプルながら満足度の高いゲーム内容も売れるゲームの実力を再認識させてくれた。
PS2は勢いがなく、記憶に残ったゲームといえばみんな大好き塊魂ぐらいか。
しかしこれも前作のインパクトが余りにも強く、総プレイ時間は前作の半分にも及ばない。
今年はPS2がどれだけ挽回してくるか、それがなければPS3も勢いをもっての発売ができない気がする。

勢いといえばXbox360がやばい。
元気がないというか、すでにDOA4を発売してしまい今後の目玉タイトルが事実上ゼロになってしまった。
俺はゴッサム3を購入予定だがその後はまったくの未定で
春発売予定のゲームはいくつかあるが、延期続きだけに発売日が公表されるまで予定に入れられない状況だ。
ゲーム系サイトではXbox360を叩く声が上がっているが、俺に言わせればまったくもって的外れな意見が多くて困る。
叩きようなどいくらでもあるだろうが、すべてが売れてない売れてないと数字しか追いかけておらず無惨なまでにレベルが低い。
よく言われる言葉にゲイツマネーというのがあるが、それはなにも製品を非常識な安値で売ったりソフトをタダで配ったりできるという意味ではない。
ハードが普及せず、ソフトの売り上げが伸びない状況でも360事業を継続できる体力、それがゲイツマネーだ。
それを頭に入れておけば売り上げに目を奪われることなく、欲しいゲームがあるから買う、なければ買わないといったごく当たり前の消費行動ができるというものだ。
売り上げ台数を叩く理由など存在しない。
まして現状でハイビジョン画質を堪能できるのは360のみ。
欲しければ買えの世界なのは明らかで、まったく馬鹿につける薬はないとはよく言ったものだ。

話を今年発売されるハードに移そう。
PS3とレボリューションだが、俺が思うにPS3も初期タイトルは数が揃わないのは間違いなく
PS2で人気のあった無双やみんゴルのグラフィック強化バージョンをもってくるだろう。
PS3はゲームをやりたいからというよりはハードをいじってみたいとか、そんな理由で買いたくなる魅力を持っているので万が一春に出たら予約して買ってしまうだろう。
レボリューションは完全にゲームの魅力、新しいプレイ体験に期待して買うことになるので
どんな新しさがあるのか楽しみながら買う、本来の娯楽商品としていい買物になる。
値段も2万円台なのは間違いない。

2006年は新ハードの年でもあるが、その分消費者のソフト選びはシビアになる。
昨年の不作をはね飛ばすような完全新作のゲームに期待している。
[PR]
by asukesama | 2006-01-01 08:22



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31