Aちゃんねる~ブログ出張所~

ゲーム機をただの道具にした任天堂

 最近ゲームへの情熱が薄れてしまった。
無理もない。
欲しいゲームが極端に減ってしまったのだから。
いや、元々俺が買うゲームは決まっている。
それらはすでにPS3で最新版が発売されているのでもちろん購入している。
問題は、他機種まで見てもこれに続く新作がないことだ。

 ネット上のゲームファンの発言を見ると、
PS3の性能によるゲームの進化が歓迎されているのは以前と変わらないが
新しいおもしろさを提供したと言われたWiiやNDSが今や批判の対象にされはじめている。
化けの皮がはがれているのだ。
しかも、NDS、Wiiともにである。

 当ブログの読者ならばもちろん理由はおわかりだろう。
俺が何度も言ってきたように、NDSは何も新しいおもしろさを提供できていないのだ。
ただ他の分野からおもしろいものをもってきてNDS上で動かしているに過ぎない。
NDSが凄いのではない。
そのコンテンツ自体の魅力なのだ。
Wiiにしたってそう。
Wiiスポーツが売れているのはそこに収録されているスポーツ自体の魅力であって
Wiiリモコンを振ること自体に何の意味もおもしろさもありはしない。
それは先日の釣りゲーが新作にしては多めの二万本を売り上げたことからも明らかで、
ゲームがおもしろいからではなく、本来の釣りのおもしろさで売れているのだ。

 俺は任天堂の素人騙しの腐った商売を嘲笑い、昨年秋にNDSを手放した。
たしかにもっと脳トレはそれなりに楽しめたが
それもやはりNDSの魅力ではなく、脳トレのコンテンツのおもしろさである。
何度も言ってきたように、NDSはゲーム機ではない。
いろんな分野から持ってきたコンテンツを楽しむための道具なのだ。
だから売れるし、ゲームなどやらなくてもいいのである。
それはWiiにも共通するゲーム機から道具への変化だ。

 NDSもWiiも、ゲーム機ではなくただの道具でしかない。
他の分野からおもしろいものを持ってきて楽しむ道具。
そんな姿が今になってゲームファンに見え、不満が噴出している。
一部のゲームファンが俺より半年以上遅れてようやく気づき始めたのだ。
これからNDSやWiiで発売される薄味で目新しさのない非ゲームを
ゲームファンたちはどういった思いで見つめるのだろうか。
NDSやWiiの可能性に手を叩いて喜んだ連中がその嘘、過ちに失望し、
PSPやPS3の本当の凄さ、本当のゲームとは何かを理解するのに
いったいあとどれだけの時間が必要なのだろうか。
ゲームファンが応援すべきは任天堂ではない。
任天堂はゲームをつぶそうとしている張本人なのだから。
[PR]
# by asukesama | 2007-04-07 08:49

ニンテンドーDSが売れ続ける理由

 まずはこれを見ていただきたい。
スクエニもニンテンドーDSで実用ソフトを出すわけだが
こういうのを見るともはや知育はゲームか否かといった議論さえ馬鹿らしく、
結局はるか以前から俺が言っていたように「非ゲームだから売れる」というのが
いかに正しく時代を読みきっていたか明らかだ。

 まぁね、こういうのを否定するわけじゃないし欲しい人が楽しめばいいと思う。
ただ、もうニンテンドーDSやWiiがいくら売れようが
それがどうしたんですかって言うしかないね。
ゲームで売れてるわけじゃないんだから。
任天堂のゲームが好きだった元ファンとしては、
ゲームが実用ソフトに負けている事実は寂しいものだが。
[PR]
# by asukesama | 2007-04-06 11:50

新作発表でさえも印象操作を行う卑劣な任天堂

 ここ数日、Wiiで発売予定のゲームが一気に増えた。
その中での大本命はNiGHTSでこれは俺もぜひ欲しいわけですが、
それ以外にはバイオハザードの名を冠した凡作と
ゼルダ同様Wiiリモコンに対応した程度の手抜き移植バイオ4。
あとはマリオとソニックが競演するオリンピックゲーも発表されましたが
今から数に入れるべきものでないことは明らかですね。

 で、もう一度発売予定表を確認してみるとあら不思議。
さっきまでNiGHTSやバイオの新作、そしてオリンピックマリオがあると思ったのに
気が付いてみれば近々出るのは5月末の手抜き移植バイオ4しか残っておらず、
残りは早くても年末にならないと出そうにない。
あらあら、結局ここ数日で発表された中でこれからすぐ遊べるのは
数年も前にGCで発売されたバイオ4をWiiコンに対応させたものだけなんですね。
まったく失礼な話だと思いませんか?

 今回のWiiの新作発表はまったくもって不愉快というほかないでしょう。
たしかにNiGHTS、マリオ、ソニック、バイオハザードのブランドは強力です。
いつもは冷静な俺もついWiiが始まったかのような錯覚に陥りました。
しかし、現実はただWii版バイオ4が出るだけであり、
先に発表されたPS3の6月あたりの新作に対してブランドをかぶせただけなんですよね。

 先日のブログでも書いたように、PS2とPS3で差別化を行っているソフトがあります。
プロ野球スピリッツ4やウイニングポスト7などはPS3版でグラフィックを強化しています。
が、GCからWiiに移行したソフトはまったく手を加えられていません。
ゼルダにしても、バイオ4にしても、グラフィックの違いはありません。
なんなんですかね、Wiiの存在価値って。
そして何より、他機種の新作発表にかぶせて発売が遥かに遅いブランドゲームをかぶせ
いかにもWiiでソフトが充実するかのように勘違いさせる任天堂の卑劣な手口は
もはや戦略とは言えずただの詐欺的な策略としかいえません。

 とりあえず、近々遊べるゲームを早く発表していただきたいのですが
まぁそんなものがあるはずもないから卑劣な手口に頼るしかないのでしょう。
あまりにもブザマな、そしてGCからのそのまんまな移植には哀れみさえ感じます。
Wiiユーザーの皆さんは本当にこんなもので満足しているのでしょうかね。ぷ
[PR]
# by asukesama | 2007-04-06 10:54

Wii版やわらかあたま塾

 はい、Wii版やわらかあたま塾のサイトができました。
見るべきところはまったくなし。
興味も持てないといったところですね。はぁ

 しかし、Wiiのソフト不足は本当に深刻。
Wiiスポーツと本体を一緒に買う人はまだいるようですが
すでに本体を買った人がさっぱりソフトを買わない状況が続いています。
そんななか、以前当ブログでも紹介したショボい釣りゲーが二万本程度売れ、
Wiiゲーではプチヒットの領域に達しています。
Wiiユーザーの多くが超ライト層ですのでなかには釣り愛好家もいるでしょうが
あんなしょうもないゲームでも釣りだからってだけで売れてしまうあたり、
Wiiにはよっぽどユーザーが買いたいと思えるゲームがないのですね。
といっても、ハードが200万台に対して2万本程度ですから
Wiiユーザーの100人に1人しか買ってないんですけどね。
Wii市場全体で見ると完全に無視されているといって差し支えないでしょう。ぷ

 そうそう、以前こういう本体普及台数に対しての売り上げで語ったところ、
PS2だったらどうのこうのとくだらない言いがかりをつけてきた方がいたのですが
もう少しだけ頑張ってレベルを上げてお話していただけるとありがたいですね。
Wiiの現実を指摘されて悔しいのはわかりますが、自分が惨めになるだけでしょう?爆笑
[PR]
# by asukesama | 2007-04-06 10:24

PS2/PS3で同タイトルを同日発売

 さて、PS3の発売から数ヶ月経ち新たな動きが出ているようだね。
コナミのプロ野球スピリッツ4、コーエーのウイニングポスト7のように
PS2版とPS3版を同時発売するソフトがチラホラ出てきているのだ。
これはハードの移行期である今、実に良い供給方法であると思う。
この方法で一番のポイントは「PS3ならPS2用ゲームが動かせるのに」ってとこ。
つまり、なにもPS3版を出さなくてもPS3ユーザーはPS2版をやれるのに
あえてPS3版を作りハイビジョンの高品質映像でゲームを楽しめる環境を用意している。
これ、とっても大切なことなんだよね。

 でだ、プロ野球スピリッツ4の気になる売り上げ比率は初日で2:3のPS2版優勢。
ま、ハードの普及台数がまったく違うし、
ハイビジョンを持っていなければPS3版のメリットが活かせないので
現段階ではまだPS3版が勝つまでに至らないのは仕方がないだろう。
が、ここで注目したいのはプロ野球スピリッツ4でこの結果が出たことだ。
プロ野球スピリッツ4のようにスポーツをテーマにしたゲームのユーザーは、
ウイニングイレブンがそうであるようにややライト寄りで、
実際の野球やサッカーが好きだからそのゲームを買うのである。
そんなユーザーが買うゲームですでに売り上げ比率が2:3まできているのは
俺にとっては正直予想外の数字であり、PS3への急速な移行を認識する結果となった。
ウイニングポスト7についてはデータがないので詳細は不明だが、
ユーザーの年齢層を考えるとやはりPS3版が健闘しているのではないだろうか。
今後もPS2/PS3で発売されるソフトの売り上げに注目し、
PS3への移行がどのように進行しているのかチェックしていきたい。

 で、いつも言っていることだが、データとは数字の大小だけを見るものではない。
分析する能力がなければデータをただ掲示板に貼り付けるだけの猿になることは
皆さんも2chを見ればおわかりだろう。
そういった連中が支持しているWiiでは、プロ野球スピリッツ4も
もちろんウイニングポスト7も発売されていないし、
日本ではさっぱり売れていないのに海外では売れているんだと必死に擁護され
そのくせ海外で売れているゲームが日本で出てもさっぱり売れない360でも、
やはりプロ野球スピリッツ4もウイニングポスト7も発売されていないのが現実だ。
まぁ、PS3独占予定タイトルが360とのマルチになったとはしゃぐアンチPS3どもは
いずれ日本の360版だけ発売されなくなるような惨めなことにならないよう
口だけではなくちゃんとソフトを買うようにしていただきたいですね。
ほんと、販売本数見ると全然存在感がないんですよね、そういう口だけユーザーは。爆笑
[PR]
# by asukesama | 2007-04-05 10:06

NiGHTS最新作がWiiで発売決定

 かねてから噂のあったNiGHTSだが、正式にWiiでの発売が発表された。
詳しくはファミ通.comを見ていただきたい。

 まぁ、世界観がディズニーっぽいのでWiiユーザーには受け入れられやすいだろうし
もとがサターンなので低性能なWiiでも十分作れるはず。
俺としてはXbox360のパッドでやりたかったのだが死んだハードで出しても意味がない。
ここはWiiでの登場を首を長くして待つとしよう。
発売はこの冬の予定で、おそらく年末商戦に投入されることになる。
それまでにはさすがにマリオギャラクシーも発売されるだろうから
ようやくWiiもまともなゲーム機としてのスタートを切れそうだ。

 ま、逆に言えばもうしばらくWiiユーザーの冷や飯食いの日々は続くわけですが、
俺はCMや品薄商法に騙された方々のおかげで値下げ後のWiiを二万円で手に入れ
さらにマリオギャラクシーやNiGHTSといった良質なゲームから楽しめるのです。
買うべきソフトがなくて妥協してフリーゲームレベルのものに五千円払うような、
そういう現状のWiiとは違ったゲーム機としての水準に達したWiiを買うのは
ゲームを楽しむという当然の目的を果たすには悪くないと思いますね。
いつも言いますが、やはりコストパフォーマンスが大切なんですよ。
そうでしょう?
[PR]
# by asukesama | 2007-04-02 16:56

Wiiに国民栄誉賞の動き

 先月20日、性能不全のためサードのPS3/360マルチ展開から切り離され
生後たった数ヶ月で死去したブザマな腐れ企業任天堂製のゲーム機Wiiへ、
早くも国民栄誉賞を授与しようという動きが出てきた。
国民栄誉賞は総理府が管轄し、表向きは
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった」
人物を選んでいるが、今回その範囲を商品にも広げようというのだ。
菊花章、旭日章などの叙勲のような明確な基準はなく、
人選については時の総理大臣の胸三寸で決まる。

 そこで支持率急降下にあえぐ安倍政権が必死の人気回復策として、
CM大量投下による洗脳、イメージ商法のシンボルのWiiに目をつけたようだ。
1977年、福田内閣時代に創設された国民栄誉賞の受賞者はこれまで15人。
2000年10月にマラソンの高橋尚子が受賞して以来、受賞はなし。
しかも受賞者15人のうち、古賀政男、長谷川一夫、美空ひばりなど
9人は没後の受賞だった。

 「支持率低迷に悩む時の内閣の人気取りの道具ではないか」という批判もあるが、
苦戦を強いられる7月の参院選を控えて美しい日本の「イメージ政策」安倍首相が
「イメージ商法」で200万台売り逃げたWiiに授与するのはあり得る話だ。
「狙ったポイントからズレる」的外れな授与にならなければいいが。
[PR]
# by asukesama | 2007-04-01 07:56

任天堂の身勝手な分納

 さて、最近再び任天堂が目立って殿様商売を始めているようだね。
任天堂の殿様商売といえば「分納」が超有名。
つまり、小売店が商品を100本注文したとすれば
発売日直前になって「最初は70本しか届けないよ。」と告げられるのである。
こうして残りの30本は後日お届けとなるのだ。
なんて理不尽な話だろうか。
もちろん小売店も最初の数日で売り切ってしまうつもりはないので
まぁ後日届けられても特別問題があるわけではない。
しかし、「分納」は任天堂の卑しい戦略なのである。

 というのも、ゲームというのは発売日によく売れる商品なので
当然分納によって入荷数が減れば品薄状態になる。
店としてはたくさん売ったほうが儲かるので売れる商品は多く確保したいわけで
後日分納の残りが届くとわかっていても追加で発注をしてしまう。
ところがである。
もし多くの店が同様に追加発注をしたらどうなるだろうか。
市場には需要以上にソフトがあふれ、小売店は値下げで在庫を処分しなければならず、
必要以上に発注してしまった小売店が損をするだけではなく
適正量の発注をした小売店までも値下げを余儀なくされてしまうのだ。
この場合、小売が利益を削る反面、実需以上に売れて儲かるのは任天堂である。
つまり、分納とは市場の混乱が予測できながら利益のために小売を犠牲にするという
なんとも卑しい手口なのだ。

 こういった卑しい手口を使い続ける任天堂。
あなたはいつまで応援し続けるのでしょうか。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-31 16:14

エイプリルフールでスベる人々

 さて、明日はエイプリルフールである。
普段ろくな情報を発信できていない人々がここぞとばかりに張り切る日であり
しょうもないネタで思いきりスベる様子を眺めるのが通の楽しみ方だ。
ネタとして成立しない、単なる嘘で終わるくだらない企画など愚の骨頂。
見てごらんなさい。
張り切っているのは当然のように普段パッとしないメーカーや個人だから。ぷ

もちろん当ブログではそんなしょうもないイベントに参加する気はありませんし、
来年度も引き続き質の高い市場分析でゲーム界の船頭となっていく所存です。
負け組たちの阿鼻叫喚には一切関与せず邁進し続けていくのですよ。
そう、PS3のようにね。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-31 11:28

トラスティベル

 Xbox360期待のタイトルがこのトラスティベルだ。
完全新作が少ない中で登場するので期待せずにはいられないし
動画も配信されているのでぜひ見ていただきたい。
俺も思わず欲しくなってしまったほどいい雰囲気をしているのだ。

 これからしばらくXbox360が元気である。
4月はテストドライブ、5月はフォルツァ2、
6月はトラスティベルがあって、デッドライジングが3,990円で再登場。
テストドライブは目的がないのであまりやらなそうなことと、
スクリーンショットには魅力を感じるが、それはゲームの魅力ではなく
単に収録車種に魅力を感じているだけだということを考え購入は見送り。
車を楽しみたいならすでにゴッサム3があるしな。
フォルツァ2はサーキット志向なので俺の好みには合わないし、
なにより作り手の「ここまでやってるんだぜ」という過剰なアピールがウザイ。
ま、ゲームがおもしろくないからどうせわかりゃしないこだわりで売るしかないわけだ。
というわけで俺が買うのはトラスティベルとデッドライジングだろう。

 最近は機種を問わず発売予定表を見てソフト不足を騒ぎ立てる輩が多いのだが
発売済のいいゲームを遊んでいればそんなくだらないことをする必要はない。
PS3と360がある俺は、現在とてもいいソフトに恵まれた状況である。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-30 19:25



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31