Aちゃんねる~ブログ出張所~

『マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮)』について

 さて、『マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮)』についてだが
特に語ることもないのでスルーのつもりだったが意見を求められているので
せっかくだから少しだけ語ってみようか。

 まぁ、いい時期にオリンピックがありましたねというのが率直な感想だな。
Wiiスポーツばかりが売れているWiiだけに、単純に続編を作るのは難しかったはずだ。
なぜなら、Wiiリモコンで遊びやすいものを選んでのWiiスポーツなのだから
内容を一新すると壁にぶち当たるし、操作を複雑にすればユーザー離れにつながる。
そこでオリンピックに便乗し、マリオのキャラクター性を活かすのである。
最初はマリオを使わずに出してユーザーの反応を確認し、次でマリオを投入か。
さすが任天堂、最大限の利益を上げることに関しては隙がない。

 このゲーム、それなりに面白くなると思うよ。
Wiiスポーツの開発でノウハウもできてるだろうし、
オリンピックは世界的なイベントだから便乗しやすいから。
俺もそれまでにWiiを買ってたらこのゲームを買って遊ぶんじゃねーかな。
ま、そんなところだね。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-30 08:24

エロかっこいいデザインを求む

 この画像を見ていただきたい。

e0046603_7545519.jpg


 今年の秋に発売が予定されている日産のV36スカイラインクーペだ。
なんてエロスなデザイン、曲線美だろうか。
俺の理想に近いデザインの車である。
ゲーム機もこうでなければいけない。デザインの洗練が求められている。
その点で360よりPS3のほうがデザイン面で勝っているのは明らかだ。
また、最近のDVDレコーダーは挑戦的なデザインの製品が出ているし
デジカメでもデザインが洗練されているものが売れているようだ。
機能、性能が消費者の求めるレベルに達したとき、
客に選ばれるため、デザインで魅せなければならないのは自然な流れだ。
もっとも、低性能なWiiがデザインを放棄しているのを見ると
その性能が消費者から支持されないと自覚している任天堂の思いが顕著であり
それでも儲かりさえすればいいという卑劣な姿勢が透けて見えるのである。
デザインで劣る製品に手を出してはいけない。
それが今の時代における製品の真贋を見極めるポイントなのである。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-30 08:03

『マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮)』

 任天堂とセガがタッグを組んだソフトが発表されたぞ!
詳細はここだ!

ま、俺が語ることは特にない。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-28 21:09

Xbox360エリート正式発表

 かねてから噂になっていた360エリートだが
まさに噂どおりの内容で正式に発表された。
プレスリリースはここにあるので興味があれば見ていただきたい。
内容を大雑把に説明すると、HDMI端子が装備され120Gのハードディスクがつく。
米国で4/29に479.99ドルの価格で発売だが日本発売は未定である。
が、120Gのハードディスクや512Mのメモリーユニットは6/7に発売されるので
普通に考えれば同日か、少し早いぐらいの発売になるだろう。
ただ、日本で360エリートの需要があるとは考えづらい。

 エリートの発表を受けて俺が思ったのは、MSはパーツを売りたいのかということだ。
ハードディスクが120G?
必要ねぇだろ。
HDMI端子?
BDの再生もできないくせに。ぷ
価格だけPS3に並んでしまってまったくブザマだ。
何をやっているのか。
本当に360を広めたければ現行の360を見直さなければならないだろう。
やかましいDVDドライブをまともなものにして価格を三万円にする。
それだけで俺は買い換えるぞ。
さっさとしなさい!
[PR]
# by asukesama | 2007-03-28 21:00

フォルツァモータースポーツ2

 360で久しぶりに有力車ゲーが発売される。
ここで取り上げられているので見ていただきたいが
スクリーンショットは綺麗なのだが他に語るべき所がないと思った。
作り手がなんだかんだとアピールしているが、それがどれだけ楽しさにつながるのか、
どれだけ他との差別化が図れているのか、俺には明確な違いを感じることができない。
そもそも、スクリーンショットを見せられてももはや綺麗で当たり前の時代である。
フォルツァ2の場合はサーキットを走るゲームなのでそれゆえ殺風景で、
ライバルのGTのように高低差のあるコースを走れるわけじゃないし
ゴッサムのように市街地で凹凸もあるコースを走るわけでもない。
サーキットばかりでコースに特色がなく、中途半端で面白みがないというほかない。
また、一部のマニアはセッティングができることに喜びを感じているようだが
そんな部分に喜びを感じる車ゲーファンがいったいどれだけいるのだろうか。
360ユーザーといえども多くがパッドでのプレイだ。
細かなセッティングの差を楽しむわけではないしそもそも位置づけが中途半端だから
むしろ4月発売のテストドライブのほうが楽しめるのではないだろうか。

 たしかにフォルツァ2はGTのライバルであろう。
しかし、本当にライバルとして認識されるのは紛れもなくゴッサム3であり
当然現在開発されているはずのゴッサム4がGT5と直接対決するのは間違いない。
俺はGT5を買い、ゴッサム4も買うだろう。
だからこそフォルツァ2に対してはいささか冷ややかな視線で見てしまうのだ。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-28 06:54

おまえにとっていいハードとは何かね。

 最近、異質なゲームファンが増えていると感じる。
ハードの売り上げを見ては勝った負けたと騒ぎたて、
ソフトの売り上げを見ては売れた売れないとわめき散らす。
挙句、遥か先までの発売予定表を見てゲームの数を比較し特定機種を叩いたり擁護する。
そんな輩を見るたびに思う。
こいつにとってゲームとは何なのだろうかと。

 俺は基本的に特定のハードに肩入れすることはない。
自分が欲しいと思うソフトがあり、買って楽しめているソフトがあるハード、
それが自分にとっていいハードだとわかっているからだ。
だからPS3、360はすでに購入しているしWiiは購入していないのであり、
任天堂に対し批判的な発言が多いのも当然のことだ。
そのことで反感を買っているのも事実だが、マリオが欲しくなれば当然Wiiを買うし
買ったからといってごちゃごちゃ言われる筋合いはない。

 PS3はまさに一点の曇りもないハードだ。
冷静に考えてもらいたいのだが、PS3に死角が存在するだろうか。
あるとすれば価格の問題だが、年内に39,800円まで下げるのは間違いないのだし
PS2からソフトの移行が進めば当然のようにメインハードになるだろう。
すでに勝ちは決まっているのだ。

 Wiiはただ売れているだけである。
もちろん売れることは大事だが、質の低いユーザーが多いのが気がかりだ。
メーカーは質の低いユーザーに向けてゲームを作らなければならないし、
またゲーム購入に対して気まぐれなユーザーは需要の見込みが難しく
当然開発費を抑えたものばかりがあふれるだろう。
ま、その兆候はすでに低品質なソフトが多いことからも明らかだが
今後改善されていくとも思えない。
普及台数の割に稼働台数はすでに大幅減という印象である。

 360は日本市場で死んだ。
デビルメイクライ4のマルチ化の発表がそれを決定付けたと言ったのだが
それが理解できない落ちこぼれがいるようなので再度説明しておきたい。
まず、落ちこぼれが言うようにPS3独占が減ったのは事実である。
が、彼らは知的水準が低いのですでに見えているデビルメイクライ4しか頭にない。
PS3独占とされていたものがマルチになるのだから当然今後の開発はマルチ前提で、
MSとの独占契約でもなければPS3版と360版が存在することになる。
なぜマルチ開発をするのかといえば海外ではPS3と360が拮抗しているからだが
日本市場の360は、海外で売れた360ソフトを持ってきてもさっぱり売れない。
つまり、360が海外でPS3と戦う原動力となっているソフトが売れないのだから
360にはハードを牽引するソフトがない状態だ。
もうお手上げではないか。
日本のゲームファンが360を選ぶ理由は存在しない。
事実、デビルメイクライ4のマルチ化発表以前の段階でPS3が遥かに普及しており
今後のソフトを考えても360のマニア向けゲームで本体の普及は見込めない。
もうおわかりですね。
360は日本市場では完全に終了している。

 さて、こうやって三機種を比較してきたわけだが
俺にとっていいハードは何か答えるならば、PS3と360だ。
360は死んだんじゃなかったのかって?
えぇ、死にました。
が、俺には360で出たお気に入りソフトがあるのです。
だからいいハードなのですよ。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-27 21:49

スーパーペーパーマリオ

 昨日スーパーペーパーマリオの販促について書いたわけだが
すかさず公式サイトがオープンした。
なんだこのタイミングは。まぁいい。
では、いろいろ感想やらなんやらいくぜ。

 とは言ったものの別段目新しい情報はない。
次元切り替えはWiiコンを持ち上げるとかWiiならではの操作があると思ったが
普通にリモコン横持ちプレイで、十字キーのそばのボタンで行うようだ。
で、ムービーを見るとこれはまぁ感心させられるところもあって
従来の2Dアクションなら大きな岩が転がってくればジャンプか破壊しかなかったが
このゲームではとっさに次元を切り替え3Dにして奥にもかわせるわけだ。
うむ、なるほど。感心感心。
また、ジャンプでは飛び越えられない穴の手前で次元を切り替えると
背景の山の上を通れたりして、これまたなるほどなるほどと膝を叩いて感心してしまう。
思わず俺の機転で切り抜けたかのように錯覚してしまいそうだが
所詮はボタンを一つ押してみただけである。
ここらへん、作り手の掌で転がされてる感が強くて賛否が分かれるだろうな。
まぁ、このゲームのシステムとかアイデアは新しいことをやろうって意気込みがあって
そういう面は評価したいが、やはり優等生タイプの匂いが強い。
いいゲームなんだけど、いいんだけど、一番大事な爽快感がない気がする。
なんだかんだで爽快感がなければ繰り返し遊ぶ気になれない俺なので
現時点ではペーパーマリオとWii本体のセットに3万円は出せないね。
マリオギャラクシーが出てWii本体を手に入れることがあれば
ペーパーマリオにも手を出すかもしれないが。
今後の続報にも注目しておきたいってところだな。

 しかし、Wiiならではの操作がねぇならGCでも出せよ任天堂。
ほんとふざけてやがるな。あぁ?
[PR]
# by asukesama | 2007-03-27 00:21

ペーパーマリオの販促を始めない任天堂

 さて、すでに一般層にも品薄商法がばれ始めているWiiだが
ペーパーマリオの発売まで四週間を切ったにもかかわらず販促をしていない。
従来ならば四週間前には大々的に展開をしていたはずだが?

 俺が思うに、任天堂の販促方針がより短期集中になっているのだろう。
任天堂はWii発売時に大量のCMを投下した。
本当にものすごい量のCM投下だったのは記憶に新しいが
それが品薄商法でいまだにWiiを売り続けられるほど消費者を洗脳した。
任天堂はこれに味をしめ、再びペーパーマリオでも短期集中で販促を行うわけだが
これはむしろ当然であると思う。
今年出たWiiの新作が壊滅的に売れてないのを見ればわかるように、
Wiiユーザーは従来のゲームファンと違いソフト購入が気まぐれだ。
雑誌やネットで発売前から情報を集めチェックするのではなく、
まずCMで発売を知り、その後店頭で見たり口コミでの評判を頼りに購入する。
となれば発売直前ならともかく一ヶ月以上前から販促しても意味がない。
なぜならCMを見て買おうと思っても店に売っていないのだから。

 しかし、この理にかなった販促活動ができないのが現在のSCEだ。
PS3ユーザーは従来からのゲームファンで、しかも高価なPS3を買える人である。
つまり、発売一ヶ月前にもなればCMで伝えられる程度の情報は持っているし、
そもそも発表された段階で買うか買わないかほぼ決めているのだ。
だからCMを見て動くユーザーの割合がWiiと比べ明らかに小さい。
また、肝心のソフトもまだ完成しておらず、
GTHDやみんゴル5の体験版配信開始をCMで伝えたことでソフト不足を露呈し
なんとも悲しいと言うほかないではないか。
あのCMを見てPS3を買おうと思う人はまぁいないだろう。すでに買っているのだ。
「体験版を無料で配信してるからPS3買ってね。」
なんとも涙ぐましい努力だ。
そこまでしなくても俺たちがちゃんと支えているから・・・。

 こういった両社の販促活動の差を見ると昔のSCEとセガを思い出す。
PS、サターンが争っていた時代だ。
SCEは一般層にも受けるCMを作り、5万本レベルのソフトを数十万本売っていた。
半面セガはマニア向けゲームのCMを作り、5万本レベルのゲームを7万本売っていた。
CMとは事前情報を持たない浮動層を動かすためにするものである。
ゲームファンを重視するハードはCMの効果が見込めない。

 任天堂は4月に入りペーパーマリオの販促を大々的に始めるだろう。
WiiスポーツしかやっていなかったWiiユーザーたちも
そのCM投下量を見てこれは買うべきソフトなんだと思い購入する。
ペーパーマリオのヒットは約束されていて、
こういった短期集中型のCM投下が他のメディアにも波及する。
CM以外にゲームの販促で重要なのが専門誌の広告。
裏表紙や表紙をめくった見開き2ページは素人目にも効果があることがわかるが
こういったページを獲得するには多額の費用が必要。
が、CMをより短期集中型にすることで、読者がそのソフトの記事を求めるようになる。
記事で大きく扱われれば広告よりもさらに大きな効果が見込めるだろう。
なにしろゲーム情報を求めている人が金を払って買っている雑誌だ。まさに好循環である。

 このように、任天堂の好循環は止まらない。
しかし、化けの皮がはがれ始めているのもまた事実である。
任天堂が力を入れたタイトルに売り上げが集中するのは
Wiiでソフトを開発するサードにとってはたまったものではない。
この格差をどうするのか。
任天堂は今後も自社利益の拡大のためだけに突っ走るのだろうか。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-26 07:02

ゲームをやめてテレビ放送を見ようぜ

 えぇ、テレビですテレビ。
ちょっとばかしゲームをやめてテレビ放送を見ましょうよと。
ゲーおたが集う当ブログでこんなこと言うと何をトチ狂ったのかと思われるかもしれんが
大画面ハイビジョンで見るテレビ放送は一味も二味も違うのです。

 俺が37型フルHD液晶を購入してから数ヶ月経ちました。
ゲームをよりよい環境で楽しみたいという欲求が購入に至らせたわけだが、
37型フルHD液晶に映し出される1080p映像は
以前使っていた28型HDブラウン管がハイビジョンを名乗っていいのかと思うほど
まさに息を呑む映像美であった。
俺は当然大満足でPS3や360をハイクオリティな映像で楽しんでいたのだが
最近は年度末でスペシャル番組が多く、普段見なかった番組も見る機会がある。
そこで実感するのがやはり大画面の迫力、ハイビジョンの引き込まれる映像美だ。
素晴らしいとしか表現しようがない。
俺が今まで28型HDブラウン管で見ていたものは何だったのだろう。
ハイビジョンの綺麗な映像を見ているつもりになっていただけではないかと。

 大画面ハイビジョンは今まで見えなかったものまで映し出す力を持っている。
ライヴだろうか、スポーツだろうが、映画だろうが、とにかく桁違いに楽しめるのだ。
だからもっとテレビ放送を見るべきだ。
ゲームもいいが、無料でこれだけのものが楽しめるのになぜ見ない理由があるのだ。
プロ野球もパリーグが開幕し、セリーグもすぐに開幕する。
メジャーでの日本人選手の活躍も注目したいところ。
ゲームばかりやってないで、ぜひ大画面テレビでテレビ放送を楽しんでほしい。
いつまでもゲームばかりやっていてもしょうがないのだからね。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-25 13:34

新型360の噂についての見解

 さて、最近ネット上で飛び交っている話題のひとつに360の新型の噂がある。
それについて俺がコメントをするならば「おそらく新型はある」程度だ。
PS3がソフトを充実させ値下げも視野に入れているのが明らかなのだから
360がこのままじっとしていると考えるほうがおかしい。
ましてサードがPS3と360でのマルチ展開を進めるのだから
改良していかなければPS3に差をつけられる一方なのだ。
が、それも海外市場での話であって日本ではどうか。

 すでに何度も言っているが、先日のデビルメイクライ4のマルチ化発表で
360の日本市場は事実上崩壊した。
結果的に360独占タイトルの減少を明らかにしたあの発表は
日本でのPS3勝利を決定させるに十分だった。
今後、360の日本市場は完全に海外市場のおまけとなり、
海外市場で売れたゲームが細々と発売される場として
一定水準の評価は受けつつも規模拡大はまったく見込めないだろう。
新型360は、現状の爆音ドライブがまともなものに変更され
HDMI端子が搭載されるぐらいの変更しか加えられず価格は29,800円程度。
登場時期は秋以降で、それが360の最後の盛り上がりになるだろう。
俺はそう見ている。

 なお、誤解されがちだが俺は360を否定しているわけではない。
360でいいゲームが発売されてきたことは俺が一番よく知っているつもりだ。
しかし、いいゲームがあれば市場が拡大するとか
そういった単純なものではないことは理解していただきたい。
もちろん、360が日本市場で終わったからといって発売済のソフトが価値を失うわけもなく
ただ360が日本市場において将来性を失っただけである。
発売されたゲームを楽しむユーザーにとって特段影響があるとは思わない。
[PR]
# by asukesama | 2007-03-24 08:13



360の静音化はまだかね。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30